テーマ:

東一口(ひがしいもあらい)2

東一口は、巨椋池の堤の上の細長い土地の上に家屋があるので、蔵の場所が昨日UPした写真のように、母屋のすぐ横にあったり、向かいにあたったりします。 ここで見つけた、面白い木、真っ赤な瓶ブラシのような花、明治中期に渡来したオーストラリア原産種のブラシの木というんだそうです、とても、いい色、初夏を感じる花ですね。花言葉……
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第12回京都路地裏探検(4)

本田味噌本店…170年の歴史のあるお味噌屋さん。禁裏御所御用達としてもっぱら宮中に納めていたが、明治維新のころより一般にも商いを広げたとホームページにあった、場所が場所だけに、やっぱりなぁと妙な納得。 店も京都らしくなく、と言っていいんだろうか、間口が大きいのだ…、そう、ここまで来るまでにあった香木屋さんもそうだった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プチ同窓会

昨日のお話ですが… 中学時代の友人のライブがあるから行かない?とメールをもらい、行ってきました。 この日昼間は、YAMAHAの<アンサブルフェステバル2010>っていうのに参加した高校時代の友人のヴァイオリンを聞きに… しかし…どこにいるのか判らなかった、この中にいるのは確実なんだけど…(汗) カメラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第12回京都路地裏探検(3)

大正初期に建てられた和風家屋と蔵や英国調の洋館の<イベントスペースサラ>カフェもあり、ランチが手ごろな値段で食べれるようだった。次回、一人歩きのチェックポイントその1に記録~! 前回に続きになってしまうけど、この見事さ~♪見事な満開!ハナミズキ、嬉しくなって1枚。 中立売御門…3分の2くらいきたかな?…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第12回京都路地裏探検(1)

今回は「御所の1筋外を歩く」ということで13時烏丸丸太町に集合。 まずは西の通りへ。 こちら「大丸ヴィラ」京都市登録文化財 昭和7(19382)年・ ウィリアム・メレル・ヴォーリズ うっそうと茂った木々の間から、見える素敵な洋館、少し、この通りには不似合いな感じ、信州かそこらの雰囲気が漂う。ミステリアスな雰囲気も~。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黄桜カッパカントリー

まだ、開いてました。週末は少し遅い時間まで開いているようです。 お酒の弱い私は、別に何がみたいという訳でもないんですが、公開されてる敷地内に入ってみたい、それだけ… でも、展示は、なかなか興味をそそられるものでした 日本全国、カッパにまつわる、話やものの展示ブース、このなの大好きです、怖いもの見たさって…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

春の公園 伏見北堀公園

下車したのは、桃山南口。 まだ、日が沈むのには、もうちょっとある、先生に中書島まで歩きたいのだけれどいい道はないでしょうか? と聞いて、地図を開いて教えていただいた道。公園を抜けた最寄り駅は丹波橋になるとのこと。 走っている人もいれば、ベンチに座って読書を楽しむ人、花の写真をとってる人… 春らしい色彩の中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅雪窯 「春の展」

先日の京都路地裏探検でご案内をいただいた「春の展」に行ってきた。 今年で、お伺いするのは3度目かな、お庭のしだれ桜がとても素敵。 でも、今年は終わりかけであったこともあり花がちょっと少なかった。 お庭で今年もコーヒーをいただいた、素敵な花々をめで、鳥のさえずりを耳に頂くコーヒーは、とても美味しい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

疏水の桜

高瀬川桜まつりをみたあと、以前路地裏探検で訪れた駒井邸へ…、しかし、銀閣寺方面行きバスの混み具合の凄いこと!乗るのに一苦労するほど…、バスを降りたらぐったり。疏水沿いも銀閣寺に向かう方向は、かなりの人。 駒井邸は、逆方向、人もまばら…。で、泳いでるのか、流されているのか、…?桜と一緒に撮りたくて、先回りに走った、走った! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高瀬川桜まつり(2)

作品がこんな風に展示されていて、ちょっといい感じ。 こちらは、不思議な作品、赤い逆円錐からは、ポタポタ水が滴ってる、延々と…上はご覧の通り、四方の柱は天井の布を支えるのみ…みんなで謎とき
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高瀬川桜まつり(1)

今年も行ってきました、京都の元立誠小学校での桜まつり。 一昨年、初めていただいて、すっかり虜になった<イノブタステーキ>、これが食べたくて(笑) めっちゃ美味しいのです♪ 今年も、正面玄関に、似顔絵でてました、この前までは、西山さんが座っておられ、知った顔を見てほっこりしたものですが、今年は、路地裏探検のM隊長…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

どこにいったの?

こう先々週のお話、いつも使う練習場の近所でアーモンド祭りなるものをやってるというので、練習前に寄り道。 アーモンドの花というのを初めて見た。 桜の花を大きくしたような花で、「子供に桜描いて」っていえばこんな感じに描くなぁっていうような花、バラ科なんだそうだ。 で、写真を撮った、沢山とった、ローストしたてです~ごく美味しかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第11回京都路地裏探検(10)

さて、修学院から先赤山禅院を過ぎたあたりから、路地裏探検始って以来の峠道がまち構えていた。 右は宮内庁管轄のお山、それを過ぎると… …、…、…、規模の違うお屋敷、お屋敷…門がたまたま開いたままのお宅を見るともなしに見たら、…車が4台悠々横並び、1つのお屋敷が、1区画で、いったい何坪?車がやたら、よく通るのも納得、ちなみに、人が歩いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第11回京都路地裏探検(8)

石垣の上の大きなお屋敷跡。沿道にせり出した見事な桜の木があったのをやむなく切ったという看板がありました。 ぐるっと回ると玄関跡があり、その右奥には井戸が。とても大きな立派な井戸。周りはコンクリートではなく、石です。駐車場として半分使っているだけで、あとは空き地、その空き地に立派な井戸がポツン…。 雨のせいか、ちょっと物悲しい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第11回京都路地裏探検(3)

こちらは、ピンクの八重咲き、とても愛らしい梅…だろうなぁ(^^ゞ アップはこちら… こちらは、桜の古木と思われる…ピンボケ蕾見えます?幹の苔の迫力のあること!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第11回京都路地裏探検(2)

西雲院、…と思う。門から見える咲いた梅が見える風景がいい、中には、蓮の甕がいっぱい。 こちらが、その梅。 そして、こちらが、もうひとつの浄土寺真如町の三重塔…大きな椿の木があった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

部屋に春がやってきた

今日、サークルへダンスの自主練習に行ってきた、そこでモミザ(ミモザ)をいただいた。 黄色い小さな花がフワフワぎっしり、春の太陽を感じる明るく素敵な黄色。 部屋が明るくなった。 マメ科・アカシア属 花言葉は、あなたに会えた奇跡・秘密の恋・友情・真実の愛
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すずらん

昨夜、ダンスの練習に行って、すずらんを頂いた。 とても、いい匂い… 可憐でとても可愛い花でも、確か毒がると聞いた記憶が…調べてみたら <コンボラトキシンという有毒成分>がやはりあるそうな。  花言葉は…  <幸福が訪れる・幸福の再来・意識しない美しさ>  または  <もう一度幸福に>  もう一度幸せに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more