テーマ:近代建築

神戸をぶらっ…

神戸で、スタートレックを見て、久々に散策。 ハーバーランドを起点に、元町までブラブラ~。 すっかり秋空 モザイクガーデン観覧車のすぐそばにある 旧新港第5突堤信号所 大正10年から平成2年まで神戸港を見守り続けたんだそう   神戸中央郵便局前にあるルネッサンス様式のファミリア本社 明治33年(1900)に三菱銀行神戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市立博物館

建物自身の竣工は1931年。前身は陸軍第4師団、大阪市警視庁、大阪府警。 1960年から博物館として利用され、2001年大阪歴史博物館が開館するにともない閉館。以後利用されていない。 大阪城を観に行くともれなく、見れる…素敵な建物なのに、もったいない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

網干へ⑥

旧・赤穂塩務局網干出張所(現・東京電機工業) 最近、綺麗に塗られたみたいです。でも、まぁ、いい感じです。 なんか学校ぽい感じもします。1900年ごろの建物とか…というと100年、凄いなー。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

網干へ②

網干へ行ったのは、勿論この建物を見るため♪ <旧網干銀行本店> 2000年1月31日に都市景観重要建築物に指定されてます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寄り道…悠彩会展

会社の帰りに、中央公会堂へ…9月17日より始った悠彩会展を観に行ってきた。 会場に入ると、すぐKさんが声をかけてくださった。 悠彩会の水彩同好グループ、定年後へのソフトライディングを目的とし、新規の入会は40歳以上60歳までの男性となっているのが特徴。 コンセプトは・水彩画・主題:風景画・悠々自適 技術不問・業際 熟年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回京都路地裏探検(7)

一旦白川通りにでるも、やはり内側の道へ…と歩き始めたら、「ん?」あれは、何? 教会?いえいえ、違いました! 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター、重要文化財でした。 昭和5年(1930年)の建物、設計は武田五一と東畑謙三。 外務省東方文化学院京都研究所として建設。 スパニッシュ・ミッシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中之島 近代建築ライトアップ

光のルネサンスも良かったけれど、しっとり落ち着いた雰囲気の近代建築達の夜の顔。 昼間見るのとは、また違った重厚感あふれる趣で、素敵だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見ビル

竣工:1923年(大正12年)  設計:長田 岩次郎  登録有形文化財 こちらは、すでにブログUPした丸福珈琲店がはいる青山ビルの西隣。最初はホテルして建てられた建物だったそうな…。質素な感じだけど、上部の装飾、角のR部分のライン、かなりモダンなホテルだったんだろうな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明治屋ビル

竣工:1924年(大正13年)  設計:曽禰中條建築事務所 一見すごくシンプルなビルだけど、屋上の塔屋がすごく凝ってる。 明治屋が店舗を構えていた当時の名残が痛々しい。 ローソンのブルーがきついなぁ…、濃紺とか使えないのかな、せめて白ならいい感じかも?!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三井住友銀行大阪中央支店

すでにUPした高麗橋野村ビルディングのお向かいにある三井住友銀行。 竣工:1936年(昭和11年) 設計:曽禰中條建築事務所、戦前期最高の建築事務所と謳われた事務所の最後の作品だそうだ。 ぱっと見は、このあたりの近代建築にくらべ華やかさはないけれど、上部の装飾は上品で綺麗。どっしりした重量感も、いかにも銀行らしく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大手橋の近所にて

おお~なんやら、場違いなビル、ぱっ見、地中海が似合いそうな(ヤシのせい?)建物やなぁ…と、建物の入り口を見ると文化庁の<登録有形文化財>の看板が!!自転車を降りて確認<登録有形文化財第27-0024号>。 へ~こんなとこにも! 高級和菓子が並んでるような…可愛い装飾。 奥には煙突が見える、暖炉でもあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青山ビル

さて、堺筋あたりの3つ目の近代建築は、ツタの覆われたこのビル。はいここにも、カフェが。 それも創業昭和9年の「丸福珈琲店」。 元元個人の邸宅として建てられ食堂として使われていた場所に喫茶店が入ってるそうで、当時の暖炉や装飾を楽しみながら、コーヒーが飲めるそうだ。 設計:大林組 竣工:1921年(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新井ビル

高麗橋野村ビルディングから少し北にある元銀行の建物。というスイーツのお店が入っている。と~っても、雰囲気があっていて、最初かたスイーツのお店がそこに入っていたかのよう…。正面4本の柱と、入口まで階段を少し上がらなければならないのが上品でお洒落な感じ。 設計:河合浩蔵 竣工:1922年(大正11年) 登録有形文化財
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

パソコン復旧!

前回の修理から、2カ月ほどで、再び再起動を繰り返す故障を起こしたパソコン! 先月25日に修理に出して、もう返ってきた。 で、今回の修理内容は… 下記部品の取り換え ・メインボード ・スイッチボード ・キーボード ・バッテリ おっ、なんだかキーボードが綺麗になってると思ったはずだわ。 メインボード以外は、念のため…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高麗橋野村ビルディング

お昼をとって、谷4で用事を済ませ、天神橋のギャラリーTAAさんへ…。 ギャラリーの壁はコンクリートブロック塀に白ペンキ、床なんかもコンクリートにそのまま白いペンキが塗られていて、面白かった。 帰り道は、堺筋の近代建築巡り。 堺筋の近代建築には、コーヒーを飲める店が入ってることが多い、この高麗橋野村ビルディングにはサンマル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北浜レトロビルヂング・福原ビル・大阪証券取引所

ビルの谷間の可愛いこのビルヂングは1度はお茶してみたいところ。いまだ入れてないのは、通りかかる時間が中途半端、友人を誘って行くには、梅田からちょっと遠いってとこ、かな。ここでお茶する!と決めて行かないことには、無理、でも、照明や家具などから建築金物に至るまでオーナーがイギリスのアンティークを買い付けたという中も是非見てみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧大林組本店

建物の写真を撮っていたら、中からお姉さんがでてきて 「お食事はいかがですか?今11,550円のコースを6,000円でお召し上がりになれるです、今日までなんですよ。」 なんておっしゃる。 中にはいっているフレンチレストラン<ルポンドシェル>では、今回のような‐本物に出会う夏‐といったような企画を時折するそうだ。お姉さん、道行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅澤眼科クリニック

全体にはモダンな印象だけど、玄関横には色鮮やかなガラスがはめこまれていていたりして、細部が可愛い。 竣工:1928年(昭和3年) 設計:清水組 ご本を読むと…鮮やかなガラスも外壁のタイルもドイツ製なんだとか! パソコン意外に早く、修理完了の電話が入った♪あ~でもセッティングが待っている、バックアップとってあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウントダウンのダイビルでランチ

この日…8月15日のランチは、ダイビルにあるスペイン料理店[ガポ・デル・ポニユンテ]と決めていた。 が…もう来年の解体工事が決まり、テナントのほとんどが撤退してしまったダイビル、ましてやこの時期、開いてるかどうか不安だったけど…、開いていた! あと閉店まで7日とあった。 ランチは2種類、私が頼んだのは1500円でデザート、ドリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難波高島屋

久々に前を通りがかったら、高島屋が妙に白く明るい、!工事のフェンスがなくなっていた。 そういえば、随分こちらの方には来なかった。終わったのね、お色直し。 お色直し前の写真は…パソコン、残念。 1枚目は東から、2枚目は西から。 屋上部分が光モノになってるのは今風?建物自身も白くなって、広告装飾が減ったせいか向かいのマルイとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福原ビル

竣工:1930年(昭和5年) 設計:久野 節 難波 高島屋を設計した人と同じ!角のアール部分が可愛い感じだが、全体はす~ごくシンプルな作りのビルで、本でこのビルの紹介を見つけるまで、そんなに古い建物とは思いもしなかった。 土佐堀川から東横堀川が分かれるあたりにあって、梅田から歩いて帰る時は、どういう景色があるという訳では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more